ライターをしています。猫、映画、料理、アートなど好きなものの徒然日記です。
by nanakama3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ななかまどの遊び
blog・link
お気に入りブログ
C.L. a la mode
ヒロミイユのひつじ~こい...
santana cotoya
+++gumi-log+...
星カタツムリ日記
que sera ser...
かるもブログ
池本喜巳写真教室
NeLD coffee
カテゴリ
全体
今日の遊び
マーシャ
今日の事件!
旅のあれこれ
おいしいもの
今日のダイエット
秘密の花園
今日の出来事
お部屋改造
未分類
以前の記事
2015年 09月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
NISSAN あ、安部礼..
from 昭和の音楽を愛ス!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
たくさんのお客様、ありがとうございます!
『ロマーシカ雑貨店』では、妙にテレながらお話しさせていただくという、
へなちょこ店員が、毎日出ており、
いつもの『クルール雑貨店』さんの静かな雰囲気を、
しっかりぶち壊す日々でございます。

それでも毎日、ステキなお客様にいらしていただき、
本当にありがとうございます!

熱がやっと下がったツーくんと一緒に来てくださった、まちこさん

初日に来てくださった、『シェリエール』さん。
どこかでお見かけしたような・・・?とは、思ったのですが、
まったく気づかず、失礼しました。(とほほ)

その『シェリエール』さんでは、10月21日、
『ハンドメイド雑貨店』が行われるそうで、そこに出店される、
乙女な3人組、『que sera sera』の乙女部長、しおちゃんにも、お会いできました。

しおちゃんは、「キラリ」の中で、「もぞもぞ小話」という連載を、
交代で書かれているんですよぉ!
久しぶりに、ほんとの乙女を目撃しちゃいました。
ふふふ。

その他にも、ステキなお客様に、ロシアグッズを手にとっていただき、
いろいろお話できて、とっても楽しい時間を過ごさせていただいております。

10月6日まで開いておりますので、どうぞお気軽にいらしてください。
へなちょこが、お待ちしておりま~す!
[PR]
by nanakama3 | 2007-09-30 19:43 | 今日の遊び
『ロマーシカ雑貨店』オープン!
c0085514_312850.jpg


久しぶりの更新でございます。
毎日、こっそり何をしていたのかと言うと、『クルール雑貨店』さんをお借りして、
『ロマーシカ雑貨店』を、開く準備をしておりました。

そして本日、めでたくオープン!(ぱちぱち)

初日から、たくさんのお客様におこしいただきました。
本当にうれしかったです。
ありがとうございました。

10月6日まで、行っております。
商品も、少しずつ加えてまいりますので、
どうぞお寄りくださいまし。

住所は、鳥取県倉吉市東厳城町62 駒井アパート3号室
tel/fax 0858-23-8212
9/30は、定休日ですのでお休みとなります。
オープンは、午後2時~午後6時まで。

チェブラーシカも、ミーシャも、ロシアの新しいもの、古いもの、
旧東ドイツや、ポーランドからやってきたものもございます。

どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by nanakama3 | 2007-09-27 23:08 | 今日の遊び
わたしは、美しい?!
たった10日間、日本を離れていただけなのに、
日本に戻ったとたん、ものすご~く驚いたことの一つは、

「日本の女子って、小さっ!

ってことでした。
背丈もそうだけど、何だか、とっても華奢。
多少ぽってりしていても、肩幅がないので、幼児体型に見えてしまうの。
しかも、胸がない。

・・・って、背も低く貧乳のおまえが言うなっ!なんですけどね。
おほほ。

中国に行った時も、ヨーロッパに行った時も思ったけれど、
椅子と靴で生活している国の女性は、みんな背筋がピンと伸びていて、
歩く姿が美しいの。
日本人のように、足を引きずるように歩く女子など、一人もおりません。

しかも、洋服の文化が長い国の女性は、とってもおされ!
最先端のお洋服なんか、一枚も持っていなくても、
その人らしい服装で、スカートの長さも、自分の足にあわせた長さに調整。
何より、自分の身体の線をいかに美しく出すかに、
エネルギーを注いでいるように、お見受けいたします。

ロシアでも、それは同じでした。
最後の夏を楽しむように、みんな、思いっきり肌を露出して、
30歳だろうが、40歳だろううが、まったく気にせずに、ヘソ出しルック
いえいえ年齢だけでなく、お腹がポッテリーナになっていようが、
ドスコイ体型であうと、まったく臆することなく、
おヘソを出されておりました。

腹の贅肉を見せつつも、堂々とした姿勢で歩かれると、
とっても美しく見えてくるから不思議です。
ふぅむ。

「わたしは美しい!」という、あの自信。
それが一体どこから湧いてくるのか、不明ですが、
とにかく納得させられ、ひれふしてしまう気がするのは、
あの姿勢と、歩き方のせいでしょうか?
これは、見習うべき、一つの姿ですな。

日本の女子のみなさん。
わたくしたちの、お洋服に対する微妙なセンスは、すばらしいと思います。
でも、姿勢や歩き方が悪いのは、いかんですたいっ!

小っさくても、小っさいなりに、背筋を伸ばして歩きましょう!
背が低いのも、肩幅がないのも、身体に厚みがないのも、
さらには貧乳なども、まったく気にせず、
胸をはって、未来に向かって歩きましょうぞっ!

「わたしは、美しい!」 と。
おーっ。

c0085514_13142978.jpg

↑美女予備軍、ジュースを飲む。

[PR]
by nanakama3 | 2007-09-18 22:10 | 旅のあれこれ
時差ボケ
ウラジオストクと日本の時差は、たったの2時間なんざんす。
なのに、時差ボケ

ううむ、何でなんだろうか、この微妙な時間感覚・・・。

フランスやアメリカに行った時の、時差ボケは、よく分かります。
だって、自分の身体はを迎えているのに、
現地は、に向かっていたりするわけだからねぇ。
体内時計を、現地の時間に調節するには、かなりの時間を要するわけで、
やっと慣れたな、と思う頃には帰国・・・ということ、よく聞きます。
(わたくしは、けっこう早く慣れる方だと思うのですが。)

でもね、ウラジオとの時差は、たったの2時間なんだよ。
日本より、たったの2時間、進んでいるだけなんだよぉ。

たとえば、日本を発った日は、午後3時30分発だったので、
2時間飛行機に乗っていて、到着したのは、現地時間、午後7時半頃。
でも緯度が、大きく違っているわけではないので、
日本時間の午後5時半頃と、太陽の傾きは、ほとんど同じなの。

今ぐらいの時期だと、夜の9時半頃、陽が沈むって感じなのよ。
ねっ?ヘンな感じでしょ?

おフランスなどに行くのとは違って、身体が感じる時間と、外の景色が、
微妙に2時間違うの。
これって、本当にヘンな感じ!

だからウラジオにいる間は、いつまでも夜が明るいので、
うかうか遊んでしまいそうになるけれど、夜8時過ぎると、
ビールやら強いアルコールを飲んでいる人も、歩いていたりするので、
さっさと家に帰らないと、危ない、危ない!

そうそう、ついでだから書いちゃうけれど、
わたくし鞄にね、タイの身代わり人形をぶら下げていたのね。
それが奥様っ!
日本に帰ってきたら、ないのよっ!
う~む、身代わりになって、ロシアの地に消えたのかしら・・・ね?(合掌)


というわけで、この2時間の時差が解消されるまで、4日ほどかかりました。
今朝あたりから、妙な時間に目を覚ますこともなくなりましたの。
ってゆーか、真夏並の暑さで、寝てられないじゃん、もうっ!

c0085514_2222395.jpg

↑これが、ウラジオの夜9時頃なのよん。

[PR]
by nanakama3 | 2007-09-15 22:32 | 旅のあれこれ
日本バンザイ!・・・かっ?
無事、関空に到着し、スムーズにいろいろな処理も進み、
大きな荷物を、宅配便で自宅に送る手配も済ませました。
ほっ。

さ、後は、難波まで行って、好きなお店をいくつか覗いてから、
バスで帰るのよん。
で、そのバスはどこ?
ミネラル・ウォーターがほしいんだけど、どこ?
と、いちいち質問するたび、皆様、笑顔で丁寧に教えてくださる。

すばらしいぞっ、日本!

バス停の前に立つと、そこの担当の方が、どこまで行くのかと訊いてくれて、
チケットは、どこで買う、次の発車時間は何分と、
こちらから尋ねもしないのに、教えてくれる。

ステキじゃないかっ、日本!

バスの乗車まで時間があるので、2階のコンビニに行くと、
けっこうな混雑。
でもみんな、静かにフォーク並びをしていらっさる。
レジの店員さんも3名、フル活動されていて、
「次にお待ちのお客さま~、こちらにどうぞ~っ!」と誘導し、
次々こなしていくので、想像以上に早く自分の番になる。

実に、すばらしいマナー&働きぶりっす!

階段には手すりが必ずあり、屋内であっても、
滑り止めが、すべての階段に付いている。

帰国直後なので、ぼぉ~っとして荷物を置き忘れても、
すぐに誰かが、注意をしてくださる。
しかも、誰も盗らない。

あぁっ、何てすばらしい国なんだ、我が国はっ!

ニッポン、ちゃちゃちゃっ!
ニッポン、ちゃちゃちゃっ!


と、繰り返し、心の中で手を叩いてましたわ。
はい。

ところが、とあるデパートのトイレに入った時のことでございます。

便座に腰掛けたら、自動的に、『音姫』 さんが流れたざんす。
しかも用を足して立ち上がった直後、勝手に水が流れたのですっ!

ううううううううううっ!
俺様、これ大っキライなんだよぉ~~~っ!!!

水を流すぐらい、自分で出来るがなっ!
ってゆーか、自分でやりたいがなっ!
ぷん、ぷん。

俺、日本のこういうヤリ過ぎるところ、キライっす。

ニッポンは、総じてすばらしい国です。
でも、必要以上のサービスや、どの地方に行っても同じ建物があって、
みんなでいつまでも同じ情報、たとえばあのお相撲さんの話題とかね、
そういう噂話を、こねこねと、メディアが垂れ流しするのは、
いかんっす。

ってゆーか、自分がそういう、おバカでお下品なことをしないよう、
気をつけよう、っと思いながら帰ってきたのでございました。
ハイ。

c0085514_1628588.jpg

↑その日のリバーサイド・大阪。(笑)

[PR]
by nanakama3 | 2007-09-14 15:56 | 旅のあれこれ
帰国直前のプチ事件!
みなさま、日本に無事、帰国いたしました。
ちゃんと帰れたからよかったけど、帰国直前、プチ・トラブルがありましたの。
それは、銀行のキャッシュ・コーナーでのこと。

帰国前日、それは日曜の夕方でございました。
わたしは、自分のお金をぜ~んぶ使ってしまったので、
篤美ちゃんに借りて、日本でご返却しようと考えておりました。

で、篤美ちゃんは、自分の銀行のキャッシュ・コーナーに行ったところ、
すでに、人の列が・・・。
何が起きたかは、篤美ちゃんが、
「クレーベル」で、詳しく書いてくれているので、
はしょってしまうけれど、とにかくお金が出てこなかったのよぉっ!

あのぉ~、わたし、明日の朝、帰国なんですけど、大丈夫っすか?
空港には、両替所があるって言ってるけど、
マジ、大丈夫っすか?
ほんとっすか?
俺、日本に帰れる・・・?

と、急にしょぼん・・・。(おいっ!)

結局、お兄さんに、少しお金を借りたのですが、
荷物が山とあるので、ゼッタイに超過料金を取られるはずなので、
それがどのぐらいになるか、分からない不安・・・。

で、当日空港で、やっぱりちょっと足らなかったのでした。
日本円で、だいたい1500円ぐらい。

空港のお姉さんに、指をスルしぐさを示して、
「マネー・チェンジ・オッケー?」とベタな英語で訊いたら、
うん、と大きくうなずいたので、
心配そうに、入口&出口の窓から覗いている篤美ちゃんのところへ
駆けて行き、お金を借りて、その札を握りしめながら、
「ほな、ありがとう!スパシーバ!」 と、お別れしたのでございました。

あぁ、よかった。
・・・って、そんな別れ方が、あるかよぉ~っ、俺!

とにかく、無事、帰ってきたよ。
ふぅ。

c0085514_1941638.jpg


空港で、ほんの少しだけ残ったお金、600円で飲んだ、最後のコーヒー。
カップがかわいかったなぁ。
『モンタナ・カフェ』 ですって。ふふふ。
[PR]
by nanakama3 | 2007-09-12 23:36 | 旅のあれこれ
ダスビダーニャ!
いよいよ明日、帰国です。
あっという間の楽しい10日間でございました。

毎日、毎日、常に篤美ちゃんにそばにいてもらい、
通訳その他、ぜ~んぶ面倒なことはお願いしてしまったので、
何一つ、イヤな目にあうこともなく過ごすことができました。
感謝、感謝とともに、お疲れ様でございました。
明日から、ゆっくり休んでくださいね。

こちらに来た時には、「クレーベル」で篤美ちゃんも書いていますが、
風呂場の水道工事が終わっていなかったため、水洗トイレが使えず、
最初の二日は、自分で水を汲んで流しておりましたので、
「大」が本当に流れていくのか不安で、初日のみ便秘になってしまいましたの。
おほほ。

その他、台所の電気がうまく点けられないとか、
硬水なので、お水のタンクから水を汲むのですが、それがうまく出来ないとか、
いくつか問題がございましたが、どれもこれもクリアいたしましたのに、
もう帰国とはのぉ・・・。

子ども達も、たった10日間であっても、
大いに成長する姿を見せてくれたので、
<子育ての疑似体験>というおまけまでついてきて、
おばちゃんは、大いに満足しております。

そして何より、日本での日常生活を、一時的に離れることで、
ほんの少しだけですが、自分を客観視することができたし、
自分のやりたいこととか、出来ることとか、何を追求しようとしているのかとか、
普段は、思いっきりすっ飛ばしてしまう考えに、
ゆっくり時間をかけて、思い巡らすことができ、
何となく疲れていた心に、よい栄養を与えることが出来ました。

やはり時々は、視線を遠くに向けてみないと、いかんですな。
日本以外の暮らしや常識があること、忘れてはいけません。
そうして視野を拡げてみると、自分の中でくすぶっていた小さな能力も、
ほんの少しだけ目醒めるようで、
気力、体力ともに、エネルギーは、もう満タンでございますっ!

よいお買い物も、たくさんできたし、お嬢様商売ですが、
楽しく「ロマーシカ」も続けられそうです。

それもこれも、篤美ちゃんと、アリックのママ、タマラおばあちゃんのお陰です。
本当にお世話になりました。(ぺこり)

写真もアップしようとしたのですが、ソフトがうまく動かなかったので、
それは帰国後、「ウラジオスク・旅の記録」として、ゆっくりアップさせていただきまする。

ほな、ウラジオの皆様、スパシーバ!(ありがとう)&ダスビダーニャ!
また会う日まで、お元気で~!
茶尾。
[PR]
by nanakama3 | 2007-09-09 19:35 | 旅のあれこれ
ゴミ好き
毎日、仕入れのためのお買い物をしているのですが、
だんだん自分のセンスというか、物を選ぶ基準が、
ゆらゆらしてきて、困っております。

篤美ちゃんと一緒に、選択しているのですが、
同じお店を見ているのに、たくさんのいらない物の中から、
おおっ、乙女じゃん!
と思うようなものを見つけ出す才能が、篤美ちゃんにはあります。
たぶん、乙女グッズの方が、小さく手を挙げているのでしょう。

わたくしはというと、かなり妙ちくりんな奴が、名乗りを上げるので、
乙女とゴミの境を、ウロウロしてしまうのです。
しかもその針は、大きくゴミに傾くことがあり、
篤美ちゃんに、「それ一体どうするんですか、ななかまさん」、
と静かに却下されるのでありました。
くすん。

でも、どうにも止まらぬゴミ好きなわたし。
帰国したら、「クルール雑貨店」さんで、「ロシアのおみやげ展」
させていただく予定なのですが、
おそらく、「いやげ物」も数点並ぶかと思われます。
お楽しみに!

ちなみに、好きな男のタイプの話になり、「山崎まさよし」と言ったら、
渋い感じで驚かれました。
「じゃ、ユースケ・サンタマリア」と言ったら、もう目もあわせてくれません。
乙女じゃないと、思われたみたい。
ちっ。

とにかく泣いても笑っても、仕入れのためのお買い物は、あと1日!
まだまだ遊んでいたいけれど、帰ってお仕事しないとね。

日本を直撃した台風のため、こちらは一気に秋の気配。
ウラジオの人々は、少しぐらいの雨では傘をさしません。
鳥取の方々と、同じですな。
わたくしは関東の人間なので、大騒ぎで傘をさしますがね。

ウラジオは、ゆっくり寒くなってきましたが、
どうやら日本は、まだ暑そうじゃないっすかっ!
ううむ、帰ったら秋だと思っていたのに。
もう今年は、夏はいいっす、あきたっす。

帰りに大阪で遊ぶんだから(まだ遊ぶのかよっ!)、
涼しくなっていてよね、にっぽん。
[PR]
by nanakama3 | 2007-09-08 06:10 | 旅のあれこれ
ウラジオの人々
「ロシアの女性は美しい」とよく言われますが、それは事実です。
特に、若い女性。

腰高で、足がすっと長く、透明感のある白い肌に、美しい顔立ち。
そして豊かな胸。
人類は、哺乳類であったことを、ここウラジオで久しぶりに思い出しております。

ところがどういうわけか、ある年齢に達すると、
坂道を転げるどころか、あなたは同じ方ですか?と問いたくなるほど、
ふけ込んだり、お太りになられる方がいらっしゃいます。
(もちろん、いつまでも若々しく美しい方もいらっしゃいますが)

なので、ここでは日本人は、とても痩せていると映るらしいっす。
何しろ夢は、60キロ台だそうですから・・・。

日本男児、美を求めるなら、ロシアだ。
でもこちらの女性は、強い!
したがって、離婚率高し。
とりあえず、彼女のお母上をチェックして、冒険するもまたよし。

男性はというと、少年から青年期がピークと見たぞ。
天使のような男の子や、おおっ!と思うような青年を、ごくたまに発見。
しかしその後は、ひたすら「おっさん化現象」を起こすような気が・・・。
そして世界共通、おっさんは、おっさんであるため、コメント終了。

ちなみにロシアでは、「お子様」は大変大事にされているようです。
混雑したバスの中で、おばあさんが子どものために、
席をゆずっているのを何度も目撃。
こちらの道路は、四車線であっても信号機がついていないことが多いのですが、
子どもを連れていれば、必ず止まって渡らせてくれます。
イタリアのように、女だからという理由だけでは、止まってはくれませぬ。
ふん。

おばあさんは、何となく、その存在が愛らしい。
・・・気がする。
子どものため、孫のため、愛情をこめて働いてくれるけれど、
口も大いに出す。
とにかく一日中、しゃべってる気がいたします。

篤美ちゃん宅では、ちょうど水道と電気工事の人が入っていたのですが、
タマラ・ママは、一日中彼らにはりついて、
「なぜ遅刻した」、「なぜ電話をかけてこない」、
「あれは曲がっているが、あんた達は、本当にやる気があるのか」と、
ず~っと文句を言ってました。
ふぅ。

言われないと、きっちり仕事をしない方もいかんと思うが、
ねぇ・・・。

で、いよいよ天国に召される時は、潔くいかれるそうです。
日本のように、病気予防のための手段が少ないのと、
緊急医療が行き届いていないのとで、逝く時は一気に駆け抜けるとか。

良し悪しや、幸不幸を簡単に言うことはできませんが、
日本のように、延命処置を受けて生き続けるよりも、
昨日までの元気な笑顔を残し、惜しまれつつ去っていく方が幸せかもと、
わたくしは、思いまするな。
[PR]
by nanakama3 | 2007-09-07 07:17 | 旅のあれこれ
ウラジオより、子育て考(ってほどのじゃないけれど)
こちらに来て、初めて覚えたロシア語は、

「アイチカ!イジッ!」 でございました。

意味は、「愛ちゃん、来いっ!」 でしょうか。(笑)

篤美ちゃんには、二人の娘がおり、愛連ちゃんはもうすぐ4歳。
下の愛楽ちゃんは1歳ちょっとと、一番かわいいけれど、
この世で最も大人の手を煩わせる、「お子様時代」を過ごしていらっしゃいます。

わたくしは、仕入れのためにこちらに来たのですから、
タマラ・ママ(義理のお母さん)に、どちらか一人を預けて、
お買い物に出かけます。

まぁ、たいていは、愛連ちゃんを連れ歩くわけですが、
最初は元気いっぱいでも、彼女の楽しい場所に連れて行くわけではないので、
だんだん、不機嫌になってまいります。

そのご機嫌ななめな、リトル・プリンセスをなだめすかして、歩かせるわけですが、
わたくしも大人気ないので、すぐに忍耐が臨界点に達しそうになるのです。
それをぐっとこらえて話し合いをし、大人に都合のいい選択をさせ、
とにかく、あの手この手で、どんどん歩かせるのですが、
ほんと、世界中のお母さん、今日もごくろうさまです。

この世に67億の人がいようとも、この子のこぼしたものを拾って片付けるのは、
このわたし。
お風呂に入れて、歯を磨かせて、寝たくないとぐずる子をベッドに入れるのも、
このわたし。
せっかく片付けたおもちゃは、またぐちゃぐちゃに出され、
片付けなさいと言ってもきかず、結局片付けるのは、67億のうちのわたし一人。
おしっこは?と訊くと、したくないと言ったくせに、
トイレのないところで、うんこをしたいと言い出し困らせ、
泣きたくなるのは、67億の中のこのわたしだけ。
ふぅ。

こんな徒労が、永遠に続くのかと絶望しかけていると、
ある日突然、気づかずうちに彼らは成長をして、一つだけでなく複数のことが、
一気にできるようになっていたりして、狂喜させてくれるのも、
67億の中のたった一人、あなただけ。
そして、明日からもまたがんばろうと、うっかり思ってしまうのよね。
ううむ。

わたくしは、子どもを産むことも育てることもなかったし、
いまさら、経験したいとも思っていないけれど、
これは、何かに似ている。

そう、わたくしにとっては、仕事がこれだわ。

まっ、子育てにしろ、仕事育てにしろ、
楽しんで、67億の中のかけがえのないたった一人になれるよう、
今日もがんばるのよ、俺っ!
おー。
[PR]
by nanakama3 | 2007-09-05 23:54 | 今日の遊び