ライターをしています。猫、映画、料理、アートなど好きなものの徒然日記です。
by nanakama3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ななかまどの遊び
blog・link
お気に入りブログ
C.L. a la mode
ヒロミイユのひつじ~こい...
santana cotoya
+++gumi-log+...
星カタツムリ日記
que sera ser...
かるもブログ
池本喜巳写真教室
NeLD coffee
カテゴリ
全体
今日の遊び
マーシャ
今日の事件!
旅のあれこれ
おいしいもの
今日のダイエット
秘密の花園
今日の出来事
お部屋改造
未分類
以前の記事
2015年 09月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
NISSAN あ、安部礼..
from 昭和の音楽を愛ス!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:旅のあれこれ( 39 )
富士山をバックに白い人?
関東より帰ってまいりました。
あれもこれもやり、何だかんだ出来なかったこともあるけれど、
とにかく一区切り、かも?

いいお天気の中、ゆるゆる帰ってきた富士SAで、
富士山を撮っていたら、妙な団体が視界に・・・。
c0085514_17104179.jpg

おおっ!
『ためしてガッテン』ではないですかっ!
何の特集かしら?
富士山をバックに、白い人が立っている絵って・・・。(笑)
c0085514_1711532.jpg


ところで関東でも、だんだん寒くなってきてましたが、
何ですか?この急激な寒さはっ!!!

思わずストーブ出しました。
湯たんぽも準備オッケー。
マーシャさんも、フトンに入ってきました。
いよいよ冬の始まりですねぇ。

鳥取方面のあの方や、あの方は、きっと冬眠の準備をされているのかしら?
ふふふ。
とりあえず、あんまり寒くないことを祈るばかりです。
[PR]
by nanakama3 | 2010-10-27 17:34 | 旅のあれこれ | Comments(6)
倉敷へ
4日木曜日、急に倉敷に行くことになりました。
残暑が続いているけれど、山の方は、すっかり秋の気配。
c0085514_15425183.jpg

用事が済んだら、あわてて「大原美術館」へ!
今、大原美術館所蔵の全マティス作品がコレクション展としてみられるんですよ。
(9/28まで)
マティスの挿し絵やデッサンなどがあって、大興奮!
ささっと描いただけにみえる線なのに、何て喜びにあふれているのかしら!
すてき、すてき。
グルグル何度もみて、牛のデッサンを頭の中にたたきこみました。
真似して、ハンコをつくりたいの。
違うものになると思うけどさ。
(日本の美術館って、模写しちゃダメなんだよねぇ。何でだろう。
 出たり入ったりも自由じゃないんだよね。何とかしてほしいなぁ。)

閉館時間にちょうど出たら、モネの睡蓮が。↓
(10月下旬頃まで見られるんですって)
c0085514_154313100.jpg

川端に出て、「野の花工房」のmizue さんを探したけれど、もう誰もいないよぉ・・・。

というわけで、「蟲文庫」さんや、「FUCA1016」さんにもちらっと伺い、
お茶でも飲みながらゆっくりしようと思ったけれど、暗くなってきたので帰宅。
バタバタしたけれど、いい一日でした。
ふぅ。

c0085514_15434582.jpg

秋は夕暮れ。
[PR]
by nanakama3 | 2008-09-07 15:43 | 旅のあれこれ | Comments(6)
九州から萩へ
九州に行く時は、夜中9号線を西へ、ひた走りに走っていたけれど、
帰る時は、萩回りを行くことに。
というわけで、山口県ので途中休憩。

萩と言えば、明治維新の地。
まずは、高杉晋作の家へGO!
c0085514_15201461.jpg

晋作が手配された時の人相書きの顔、ぜんぜん似てないし!

有名だから、ご存知の方もいらっしゃると思うけれど、
防長一の美人と言われた奥様への、ちょっとエラそうな、しかも言い訳満載の手紙も公開。
この時、24歳かぁ・・・若いなぁ。
でもこの年、彼は講和会議で、すごい活躍をしたから、
日本は植民地にならずにすんだんじゃなかったかしら?

どうなんでしょうねぇ。
27歳で死去した偉人が、後に手紙を公開され、
「晋作そば」なんてのが、売られてたりするのは・・・。

さて、古い建物フェチのわたくし、見逃しませんわよ!
重要文化財の「菊屋家住宅」と、「旧久保田家住宅」を見学。
c0085514_15362032.jpg

この古時計は、伊藤博文が初めて洋行した際、お土産として持って帰ってきたもの。
この10分の1でいいから、古くて気持ちのいい家に住みたいなぁ・・・。

あと一つだけ、どうしても行ってみたかったのが、
吉田松陰の「松下村塾」
c0085514_12562338.jpg


最初は、たった8畳一室。
しかも松陰が自宅幽閉されていた、わずか3畳半で過ごした期間も含めて、
約1年半あまり、身分の分け隔てなく、寝食を共にし、学んだ場所。
ここから数々の獅子が飛び立っていったのよねぇ。

伊藤博文、高杉晋作、久坂玄瑞、山縣有朋、木戸 孝允などなどなど・・・。
晋作が、松陰に「死」について質問した時の返事の手紙が残っていて、
そこには、

「(身体が生きていても、心が死んでいるものもあり、
 身は亡んでいても、魂が生きてある人もいる。)
 死して不朽の見込みあらばいつでも死ぬべし。
 生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。」

彼が処刑されたのが、29歳。
何かを成し遂げるのには、場所も時間もいらないということなのかしら。
ううむむむ。
自分、彼らの年をとっくの昔に追い越しているけれど、
何をしてるんだろうかと、しばし呆然・・・。


呆然としつつも、「がんこ庵」で昼食。
古い萩焼きの器で、おいしいお蕎麦をいただきました。
c0085514_15572268.jpg

萩焼も、ゆっくり探してみたかったんだけど、時間がないため東へ。
またの機会ということで、あでゅう!

そして夕方には、鳥取に帰ってまいりました。
すんごい駆け足の旅。
年齢的に、もう無理ですわ。とほほ。
[PR]
by nanakama3 | 2008-06-09 15:16 | 旅のあれこれ | Comments(0)
初九州 その2
湯布院では、温泉にだけチャポンとつかり、
有名な高級旅館、「亀の井別荘」へ。
きれいなお庭を歩いて、ちらっとのぞいてみるだけ。
c0085514_14471531.jpg

無理して泊まろうと思えば、できないことはないけれど、
何と言うか、20代の女子が、ヴィトンのバッグを持つのと同じで、
それにふさわしい暮らしでなければ、意味がないのよね。

というわけで、小マダムは車中で仮眠。
夜明け前、出発。
ラジオからは、「源氏物語千年紀」のせいか、「末摘花の巻」が朗読。
大笑いしつつも、神妙な心地す。

そう、おへちゃでもね、貧乏であっても、野暮でセンスゼロでも、
貴族としての誇りを持ち、誠実&善良であれば、ハッピーエンドが待っているのよ!
ほら、だんだん空が明るくなってきたわよん。
c0085514_1458191.jpg

朝、門司港に到着。
レトロな建物あり。
c0085514_14591240.jpg

港を眺めながら、おいしいコーヒーが飲みたいなぁ。
でも車は進み、九州とはお別れ・・・。
あでゅう・九州!
[PR]
by nanakama3 | 2008-06-09 12:45 | 旅のあれこれ | Comments(4)
初九州!
先日、日帰りのような勢いで、大分まで行って帰ってまいりました。
わたくし、九州の地を踏むのは初めて。
関門トンネルをくぐりましたが、開通50周年だったんですねぇ。
まだ生まれておりませんでしたが、当時は、きっとスゴイことだったのでしょう。

日本全国、どこに行っても、5万人ぐらいの人口がある場所には、
ユニクロ、ドラッグストア、ツタヤ、そしてやや大きいショッピングセンターがあって、
まるで金太郎飴のような街作りになってしまいましたが、
そこをはずれると、やはりその土地らしさって風景に現れるんですよねぇ。

大分の山の一部には木がなくて、草原のような、ハゲ山のような?
になっている箇所を、よく見かけました。
さすが九州。火山の多い土地柄ですな。
c0085514_08964.jpg

大分市内で仕事を終え、またダッシュで帰らなければならなかったのですが、
せっかくだから、湯布院で温泉だけつかっていくことにしました。

そのインターから降りたらすぐに、「岩下コレクション」がございました。
おもしろそうだったので入場しましたが、まじ、すごかったわよぉ、奥様っ!
c0085514_083429.jpg

詳しくはHPをご覧いただければ、分かることなのですが、
昭和の懐かしグッズ、アメリカ物、ヨーロッパの品、
そして貴重な古いバイク500台を収集されていらっしゃるのだとか・・・!(絶句)
c0085514_09982.jpg

↓ こちらは懐かしのポスター。
脱毛剤「エヴ」と、「断じて強し!品がもの言ふ」というキャッチッコピーの、
「トーキー・パンツ&ズロース」(絶句)

c0085514_092660.jpg

バイクのコーナーは、特に充実しておりましたが、
よく分からないので、月光仮面を激写。
ここはホンダのコーナーでございます。
c0085514_010923.jpg

一つ一つ丁寧に見ていく時間がなかったので、おしいこといたしましたが、
ほんに楽しめました。
湯布院に行かれたら、ぜひ。
おすすめです。
[PR]
by nanakama3 | 2008-06-07 00:10 | 旅のあれこれ | Comments(4)
蒜山・癒しの旅
GWに伊勢まで行くという、無謀な仕事をした後、
本当にリラックスするため、蒜山(ひるぜん)高原へと向かいました。
そこで、お友達のログペンション、『森の散歩』さんへGO !
c0085514_17252622.jpg

お庭には、こんな不思議なお花が咲いている巨木が。↓
名前をきいたんだけどなぁ・・・。
c0085514_17254135.jpg

新聞もテレビもなく、静かな静かな森の中で、ハイジのように過ごす一日。
おいしいお料理にワイン、そして楽しいおしゃべり。
眠くなったら、天窓のあるお部屋で、おやすみなさい。
c0085514_1726412.jpg

すっかり元気を回復いたしました。
また遊びにきますね~!とお別れして、蒜山ハーブガーデンへ。
c0085514_17261854.jpg

平日だったので、こちらも静かに過ごすことができました。
いろいろ苗を購入し、リースも手作りできたので、遊んだりして。
たまには、のんびり時間も必要よねぇ。
忙しく人生を走り過ぎていくだけじゃ、もったいないもの。
極楽、極楽。

帰り道、『元勢』さんのお豆腐もまとめ買いして、満足、満足。
[PR]
by nanakama3 | 2008-05-27 17:35 | 旅のあれこれ | Comments(2)
暑いGW! ~伊勢・京都~
伊勢神宮参拝後と言えば、『赤福』でございましょう。
c0085514_12264681.jpg

こちらで、赤福餅をいただきます。
今までお土産でいただいてきましたが、やっぱりうまいっす!
ごちそうさまでした。
c0085514_12275181.jpg


宿泊したホテルの裏には、大きなバラ園があったので見学。
バラって、いろんな種類があるんだよねぇ。
チャールストン、メヌエット、コクテール、レーゼンスブルグ、ニュース、
アンネの思い出、という品種までありました。
バラには、香りやその色だけでなく、人を夢中にさせる何かがあるんだろうね。
ふぅむ。(バラじゃないお花もあるけれど。↓ )
c0085514_12283842.jpg


さて鳥取に帰る前に、ちょっとだけ京都に立ち寄りました。
京都国立博物館で、<暁斎展>が催されていたのでございました。
それから好きな器屋さん、『草星』に寄り、三島を購入。
本当は、黒っぽいお皿を探しに行ったのですが、荒い感じに心惹かれて。
c0085514_12293382.jpg

さらに恵文社さんなど、いろいろ寄りたいお店はあったんだけど、
銀閣寺方向の道があまりに混んでいたので、これはあかんと断念。
しくしく帰ってきたけれど、マジ暑くて、ぐったり。
だって30度近くあったんじゃなかろうか。
はぁ。

それにしても伊勢+京都って、修学旅行みたいじゃん。
しかもちっとも楽しくなくて、ただ疲れただけ。
もうゼッタイGWには、出んっ!
c0085514_1229846.jpg

(↑ ネビカさんに、かわいくない顔にして、と頼んだもの。笑)

[PR]
by nanakama3 | 2008-05-22 12:29 | 旅のあれこれ | Comments(4)
暑いGW! ~伊勢~
はぁ~、やっと伊勢に到着!(これはマンホール ↓ )
c0085514_10492484.jpg

実は手配してくれた方のミスで、わたくし女子の部屋に入れず・・・!
(マジかよぉ)
「知らない人と一緒よりいいじゃん!」と、おっさん達に言われる。
ヤだっ!

でも、ここでゴネても仕方がないので、さっさと仕事して、
おっさん達が飲んでる間に部屋に行き、先に眠る。
起きたら朝だった。
(こういう状況で、爆睡できる自分もどうかと・・・)

翌朝、希望者だけ集合して、ホテルの方の解説のもと、
伊勢神宮に参拝だったので、5時起き。

まずは内宮こと、皇大神宮への入り口にあたる鳥居前。
ホテルの方のありがたい解説を、おっさん達と一緒に伺います。
ここから五十鈴川のかかる宇治橋へ。
ここから先は、神様の世界でございます。
c0085514_1049463.jpg

こちらは、橋からの景色。 ↓
確かに美しい川と山で、清澄な雰囲気が漂っておりまする。
何でも、川上には人は住めないようになっているので、
生活排水は一切入ってこないのだとか。
何しろ伊勢市の3分の1は、伊勢神宮なんですって。(すごっ)
c0085514_1050211.jpg

神宮内には、なぜか立派なニワトリ(?)が、うろうろ。
猫などいないんだろうか。
c0085514_10504591.jpg

そして、五十鈴川の御手洗場(みたらし)へ。 ↓
世俗の汚れが落ちたかしら?
c0085514_1051951.jpg

いよいよ正宮。
階段下からのみ、写真撮影を許されております。
こちらに天照大神がいらっしゃるので、お願いごとではなく、
まずは感謝をする場所ですと、解説を神妙に伺ってから参拝。
c0085514_10513417.jpg

次に、荒祭宮へ。
こちらでは、いろいろなお願いごとをしてもいいのだけど、
いざとなると、何をお願いしていいのか分からず。
結局、自分の回りにいる人の健康とか?
欲がないなぁ、自分・・・。
c0085514_10515162.jpg

でも今は、ミャンマー政府が援助を受け入れることと、
中国の一日も早い復興を祈るばかりです。
(募金情報については、下にあります)
[PR]
by nanakama3 | 2008-05-19 10:51 | 旅のあれこれ | Comments(4)
暑いGW!
GWには、仕事で伊勢に行ってまいりました。
うんざりするほど疲れてしまい、やっと元気になったので、ちょっとご報告。

まずは朝3時起床、4時出発。
外は真っ暗。
やっと明るくなってきたのは、5時過ぎぐらいかなぁ?
c0085514_2234236.jpg

とにかく、びゅんびゅん走る!
大阪までやって来たら、必ず写真を撮っちゃうでしょ?
c0085514_2241100.jpg

大阪・京都で少しだけ混んだけど、想像していたより早く通過。
途中、滋賀の甲賀市信楽を通過したら、タヌキばっかり!
c0085514_2241976.jpg

小学生の男の子と一緒だったので、ちょっと途中下車。
c0085514_2251047.jpg

今度は、忍者ばっかり!
c0085514_2252750.jpg

伊賀では、忍者系の遊び場がたくさんあって、一日中遊べるようなので、
親子で忍者になっている人たちが、大量にいらっしゃいました。
ご苦労さまです。
↑ この一家は、エコ忍者。ちゃんとゴミを仕分けております。
おじいちゃんに靴をはかせてもらっているチビ忍者もいれば、
仕掛け縄によじのぼる忍者もいたし、
お昼にうどんを食べてる忍者、ベンチで煙草を吸ってる忍者。
あっち向いても、こっち向いても忍者、忍者。
おみやげに手裏剣を一つ購入。(ゴム製)
c0085514_22205560.jpg

とにかく暑かった!
30度近くあったのかしら?
でも乾燥していたので、爽やかな感じではあったかなぁ。

つづく。
[PR]
by nanakama3 | 2008-05-11 22:05 | 旅のあれこれ | Comments(2)
プチ松江日帰り旅行 ~その3~
次に伺ったのは、『artos Book Store』 さん。
初めてだったので、駐車場への入り方が、微妙に分からず・・・。
すごい力技で、エイヤッと入れました。
わはは。

(もし初めて行かれる方で、むむっ?と思われたら、
一度、お店の前に止めてくださいと、オーナー様がおっしゃってました。
誘導していただいた方が、いい場合もあるかもしれませぬ。ふふふ。)

さてそのアルトスさんでは、『みずいろ』のさつをさんの作品展、
「日々の道具展」がございました。

布と革をつかったキーケース、かばん、鍋つかみ、ブックカバーなどなど、
シンプルで、やさしい表情をした布雑貨が、アルトスさんの本棚と
よくマッチした感じで、ステキに配置されておりましたよ。

どれにしようかさんざん悩んだ末に、鍋つかみをお願いしました。
スープカップを置いたりしても、かわいいかも。
実はほとんどの作品が、すでに売約済みになっていたので、
後から送ってくださるとのことで、名前と住所を書いたら、
さつをさんに、

「吉田さんって、あの吉田さんですかぁ?!」 と言われました。

「ハイ。たぶん、その吉田です」 とお答えしましたが、
あの吉田って・・・。

俺様、一体何をやらかしたんだろうか・・・としばし考えてしまいました。
ま、過ぎたことは過ぎたこと。おほほ。

かわいらしい作家さん、さつをさんとお別れして、最終目的地、
『Polka』 さんへGO!
春らしい商品がてんこ盛りで、悩みながら、かわいい小物を少し。
そして帰り道を確認したら、1本間違っていたっす。(あちゃ)

すっかり暗くなったし、雨まで降り出してきたので、訊いておいてよかった。
さぁ、元気に帰るぞぉ~っ!
・・・と思ったけれど、ガソリンが微妙な量だったので、スタンドへ。
そしたら松江の方が、10円以上高いじゃん!
ちくしょー、と思いながらも、1000円分だけ入れました。

帰り道も、9号線一直線っす。
ただ一つ、米子で道を間違えなければいいだけっ。

そして案の定、間違えた・・・っ!
(だって暗くて、昼間の風景と違うんだもん)
このまま行くと、高速に入っちゃうよぉ!という手前で、
またまた力技で降りてきて、(←おいっ)
くるっと回ってきたら、米子駅に出たので、地図を熟読。
よかったよ、地図が読める女で。

そしてまた、9号線にカムバック!
ところが倉吉に近づいてくるにつれ、ふとした疑問が。
俺は一体、どうやって倉吉市内に入ればいいんだ?(笑)

というわけで、コンビニに駐車して、またまた地図を熟読。
ナルホド。
というわけで、無事帰ってくることが出来ました。

はぁ~、いろいろあったけど、とっても楽しい松江の一日でございました。
どのお店に伺っても、皆さん親切だし、気さくだし、
わたしが若かった頃のやさぐれ具合とはエライ違いだよ、最近の若い方は。
その上、作品をつくったり、お店を経営したり・・・。
感心を通り越して、尊敬しちゃうわ、ほんとに。

ということで、この次からは、もう迷わず行ける!(はず)
今度はカレー屋さんにお蕎麦屋さん、お友達の家にも行っちゃうぞぉっ!
[PR]
by nanakama3 | 2008-04-14 15:33 | 旅のあれこれ | Comments(4)