ライターをしています。猫、映画、料理、アートなど好きなものの徒然日記です。
by nanakama3
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ななかまどの遊び
blog・link
お気に入りブログ
C.L. a la mode
ヒロミイユのひつじ~こい...
santana cotoya
+++gumi-log+...
星カタツムリ日記
que sera ser...
かるもブログ
池本喜巳写真教室
NeLD coffee
カテゴリ
全体
今日の遊び
マーシャ
今日の事件!
旅のあれこれ
おいしいもの
今日のダイエット
秘密の花園
今日の出来事
お部屋改造
未分類
以前の記事
2015年 09月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
NISSAN あ、安部礼..
from 昭和の音楽を愛ス!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
I Can't Make You Love Me
今日はフレディの誕生日。
今年も詩を一つだけ。



その昔、関東に住んで、カローラという車に乗っていた頃。
何度か好きな人を乗せて走ったことがあった。
その時、必ず流していた音楽は、ボニー・レイットのライブアルバムで、
「この曲が好きなんだよね」とつぶやいたのだけど、きっと覚えてないだろうな。

それは、この先に別れしかないことが分かっていて時を過ごす、
切ない大人のラブソングで、
冬の夕暮れ、その夜、この曲を聴きながら彼と走った道。
山陰に住んでからは、ほとんど耳にしない、アスファルトの冷たく乾いた音。

この指から何もかもがこぼれ落ち、何一つとどめることなどできないということ。
その痛みは今も残っているけれど、
それを愛しいものとして、眺めるだけの時間が流れた。

今では街ですれちがっても、気づいてももらえないだろうけれど、
変わらず祈っている。

ずっと元気でいてほしい。
わたしも元気でいるから。


お誕生日おめでとう。




「 I Can't Make You Love Me 」  Bonnie Raitt


Turn down the lights, turn down the bed
Turn down these voices inside my head
Lay down with me, tell me no lies
Just hold me close, don't patronize - don't patronize me


Cause I can't make you love me if you don't
You can't make your heart feel something it won't
Here in the dark, in these final hours
I will lay down my heart and I'll feel the power
But you won't, no you won't
'Cause I can't make you love me, if you don't


I'll close my eyes, then I won't see
The love you don't feel when you're holding me
Morning will come and I'll do what's right
Just give me till then to give up this fight
And I will give up this fight


Cause I can't make you love me if you don't
You can't make your heart feel something it won't
Here in the dark, in these lonely hours
I will lay down my heart and I'll feel the power
But you won't, no you won't
'Cause I can't make you love me, if you don't


            youtube
[PR]
# by nanakama3 | 2015-09-05 21:38
再開。
ずっと「やるやる」と言っておきながら、
やるやる詐欺状態になっておりました。
「ブログ9月から始めるよ!」と言っておいたので、本日、あわてて再開。

本当に久しぶりだったけど、ID とかパスワードとか、
ちゃんと覚えてるもんだねぇ。
いやぁ、感心、感心!

SNSへの投稿が、あんまり便利なものだから、
ずっとそっちばかりになっていたけれど、
ブログはブログでいいよね、と思うようになったりして。

Twitter はどんどんTLが流れていくし、
Facebook に至っては、コメントが書かれると順番が変わるので、
すぐに「あの記事どこいった?」状態になり、もういいや・・・になり・・・。
Instagram も、追いかけるのがけっこう大変で、
雑なわたしは、4日も5日も前の記事に、そっとコメント残したりして、
迷惑きわまりない感じ。
皆さん本当にまめにチェックされているので、
感心するというより、驚愕してます。


その点、ブログはさ、いいよ。
特にこの世の中のスピードに追いつけない感満載のわたしには、
ちょうどいい感じの速さだよね。
うん。

いや、ブログも本当はどんどん流れてるけどさ、
行こうと思えば、いつでも拝見できるしね。


ま。
相も変わらず、大した事も書いてないのだけど、
「銀次郎さんのお料理教室」についても、
(これもずっとやるやる詐欺状態でしたが・・・)
始めるんだよ!

きっとね。たぶん。
苦笑。
[PR]
# by nanakama3 | 2015-09-04 13:44 | 今日の遊び
蘭亭序
本日、9月9日。
毎年、5日のフレディの誕生日には、詩を一つだけアップしておりましたが、
今年も間に合いませんでした・・・。

契約しているプロバイダーのバージョンをアップしたため、
いろいろ不具合が出てしまいました。
もちろんプロバイダーのせいではなく、わたしの責任です。
ごめんなさい。



さて今年のフレディのための詩は、習いたての漢文から。
非常に有名な王義之の 「 蘭亭序」。




   蘭 亭 序           王 羲 之

永和九年歳在癸丑暮春之初會于會稽山陰
之蘭亭脩禊事也群賢畢至少長咸集此地有
崇山峻領茂林脩竹又有清流激湍暎帶左右
引以爲流觴曲水列坐其次雖無絲竹管弦之
盛一觴一詠亦足以暢叙幽情是日也天朗氣
淸惠風和暢仰觀宇宙之大俯察品類之盛所
以遊目騁懷足以極視聽之娯信可樂也夫人
之相與俯仰一世或取諸懷抱悟言一室之内
或因寄所託放浪形骸之外雖趣舎萬殊靜躁
不同當其欣於所遇蹔得於己怏然自足不知
老之將至及其所之既惓情隨事遷感慨係之
矣向之所欣俛仰之閒以爲陳迹猶不能不以
之興懷況脩短隨化終期於盡古人云死生亦
大矣豈不痛哉毎攬昔人興感之由若合一契
未甞不臨文嗟悼不能喩之於懷固知一死生
爲虚誕齊彭殤爲妄作後之視今亦由今之視
昔悲夫故列叙時人録其所述雖世殊事異所
以興懷其致一也後之攬者亦將有感於斯文




蘭亭で詩を詠じたこの日は、春でございまして・・・。

天朗らかに気清く、恵風和暢せり。
仰いでは宇宙の大を観、俯しては品類の盛んなるを察す

・・・と、視線も広大です。

特に好きな部分は、ここです。

其の之く所既に惓み、情事に随ひて遷るに及んでは、感慨之に係れり。
向(さき)の欣ぶ所は、俛仰(ふぎやう)の閒に、以に陳迹(ちんせき)と為る。
猶ほ之を以て懐ひを興さざる能はず。
況んや脩短(しうたん)化に随ひ、終に尽くるに期するをや。


(その行き着くところに飽きてくると、感情は対象に従い移ろい、
 感慨もそれにつれて変わってしまう。
 以前の喜びはほんのつかの間のうちに過去のものとなってしまうが、
 だからこそおもしろいと思わずにはいられない。
 ましてや、人の命は物の変化に従い、
 ついには死が定められていることを思えばなおさらである。)




時代も大きく変わり、心を動かすものもまったく違うというのに、
なぜか思うことは同じだというのは、本当にこの詩の通りで、不思議です。
こんなことを考えるのも、スーパームーンの夜にはふさわしいかも?




そして漢文だけだと、ちょっとお堅い印象かもしれないので、もう一つ。




   ぬれてふす花野の露の朝ぼらけこてふの夢をおどろかせばや   蓮月





お誕生日おめでとう。
[PR]
# by nanakama3 | 2014-09-09 22:50 | 今日の遊び
ロシア雑貨フェア・Ромашка(ロマーシカ)、始まりま~す!
いよいよ明日、7月21日(月)から、8月16日(土)まで、
倉吉、木アパートのクルール雑貨店さんで、お久しぶりの「ロマーシカ」
「ロシア雑貨フェア・Ромашка(ロマーシカ)」を開かせていただきます!

c0085514_22222825.jpg


今回は、古物が中心なので、わりと地味~な色合いですが、
ほぼ一点物ばかりです。

こんなカードや、↓

c0085514_22262274.jpg


かわいい缶や、↓

c0085514_2231562.jpg


小さな絵など、他にもいろいろ不思議なものがございます。

c0085514_22355163.jpg


だいたい1950年代以降の品が中心ですが、コレクターアイテムのポスターや、
ソ連時代の物、100年ぐらい経つアンティーク物もあるため、
こんな古ぼけたお人形が、このお値段?!・・・と、驚かれる品もあるかと思います。

でも、すべてロシアのあつみさんと、吉田とで、せっせと探し歩き、
やっと出会った、大好きな物ばかりです。
どうぞ珍しいロシアグッズを、見学しにいらしてくださいね。

そうそう、この季節には暑苦しい、赤色軍団もご用意しております!笑




そして、本当に申し訳ないのですが、7月は、吉田がほとんど在廊出来ません。
商品についてのお問い合せは、FBやツイッター、ブログなどでお問い合せいただければ、
出来るだけすぐにお応えいたしますので、よろしくお願い致します。

では、お待ちしておりま~す!

c0085514_22364772.jpg

[PR]
# by nanakama3 | 2014-07-20 23:00 | 今日の遊び
「因伯の肖像」
3ヶ月ぶりのブログ更新です。

実は、ずっとパソコンの調子が悪く、さっさと新しいのと交換しないといけないのですが、
仕事が続いており、ずっと怖くて出来ないままでした。

で、今もまだ交換してないのですが、今月来月はノートでも大丈夫な仕事なので、
思い切ってやっつける所存です。

(ちなみにメールを送ったのに返事がない!という方がいらしたら、
大変申し訳ないのですが、再度ご連絡いただけたらと思います。
今頃ですが・・・。すいません。)



というわけで、久しぶりの更新内容は、我らが写真教室の池本喜巳先生が、
4月に出版された本のご紹介です。

「因伯の肖像」と、「そでふれあうも、2」です。
c0085514_1518388.jpg


不肖吉田も、2週間ぐらい前に、日本海新聞に紹介記事を書かせていただきました。
よろしければここをクリック。↓
c0085514_151714100.jpg


先生に直接お願いすれば、サインもしていただけますよ。
吉田は、ローライフレックスを描いていただきました。↓
c0085514_15175469.jpg




そして今夜8時から、NHKEテレ「日曜美術館」で、
植田正治の再放送 「写真する幸せ~植田正治・UEDA-CHOの秘密~」があり、
池本先生がまたご覧いただけます。
植田正治の実像にも迫っており、とてもいい番組になってます。

ちなみにこの番組は全国に流れているので、都会に出かけても、こちらでも、
「あら、見ましたよぉ!スゴイ先生だったのねぇ!」
と、お声をかけていただいたりもします。・・・苦笑。

ほんと、実はスゴイ先生なんです!

つい笑ってしまいますが、本当に本当なんです。わはは。

写真に興味のある方、携帯でも何でも、写真を撮るのが好きな方は、
ぜひぜひご覧くださいね。

そして、鳥取、倉吉、米子、松江にお住まいの方は、池本写真教室に参加出来ますので、
お問い合せくださいね~!


じゃ、今夜8時に!
[PR]
# by nanakama3 | 2014-06-22 15:55 | 今日の遊び
華さんの個展 「芽生え」
キャンドル作家、後藤華さんの ロウ細工展  「芽生え」 に、
やっと伺うことが出来ました。

今回は、雑貨屋さんに置かれている可愛らしい作品ではなく、
華さんの世界観がよく分かる大きな作品が中心で、
その繊細な世界をたっぷり堪能してきました。

こちらは立体で、物語のワンシーンのようです。↓

c0085514_135859.jpg


c0085514_1321018.jpg



女の子たちは、何をおもっているのかしら・・・。

c0085514_1322848.jpg




そして、こんな可愛い猫たちも。w

c0085514_1325137.jpg



場所は、松江のDOOR さん。
(島根県松江市上乃木1-22-22 TEL 0852-26-7846)

9日(日)までです。
時間は、12時~18時まで。

8日(土)の夜7時30分からは、映画の会「ふたりのベロニカ」も上映されるそうです。
(女性限定、参加費1000円、食事あり)



DOOR さんの空間もとてもステキですよ。
ぜひぜひ!
[PR]
# by nanakama3 | 2014-03-08 02:07 | 今日の遊び
もう2月?!
気がついたら、2月に入っておりました。
信じられない速さで時間が過ぎていきます。
たぶん次に気づいたら、年末になっていることでしょう・・・。

そんな訳で、とっくに手に入れていたにもかかわらず、
やっと読み終えました。

まずは「いい階段の写真集」(ビルマニアカフェ著、パイ インターナショナル)。

ビル好きならご存知、大阪のBMCことビルマニアカフェさん編集の第2弾。
シンプルで美しい階段から、重厚感あふれる階段、ユーモアの感じられるもの、
アレもコレも個性的な、めくるめく階段の世界にうっとり!
手すり、照明、金物、タイル、階段の裏側に至るまで、階段の魅力満載です。

しかも名だたる階段の中に、何と何と、倉吉の市庁舎とそのお隣の成徳小学校まで!
初めて倉吉に来た時、このかっこいい建物は何じゃ!と思いましたもんねぇ。
耐震補強されちゃったのが、実に惜しいのですが、丹下健三、初期の作品です。
68ページをご覧くださいませ。

最近は、寝る前にこの本を手に取り、うっとりするのがマイブーム。

ギュスターヴ・モロー美術館のエレガントな螺旋階段や、
サンクトペテルブルクで見た、豪華な階段も大好き。
ぜひ海外編もお願いしたいものです。



そして、松江のアルトス・ブックストアさん、ガーリッシュさん、ポルカさん、みずいろさんの
合同ミニコミ誌「アガポ」8号。
特集は、「捨てられないもの」。

カラー30ページ!素晴しい仕上がりです!
皆さん、お店を経営されたり、お仕事されたり、家庭があったりするのに、
こんなに丁寧に取材して、編集して、本当に尊敬しちゃいます!

今回もどれも楽しい記事でしたが、いつも気になるお客様のお宅拝見「おじゃましま~す」は、
また何とエレガントなお宅でしょうか!
我が家とは、えらい違いです・・・。

新しい同居人が増えたので、またまた模様替え中の汚部屋と比べること自体、
とんでもなく失礼なのですが、それにしてもなぁ、もうちょっと片付けないとと反省中。

倉吉では、「クルール雑貨店」さんで取扱中!



そしてもう一つ、写真に写っているガーリーなネックレスは、
鳥取の「ことや」さんからやってきました。

奥様、何とすべての商品、50%OFF でございますのよ!
2月9日まででございます。
お急ぎくださいね。

じゃ、また年末に。笑

c0085514_113856.jpg

[PR]
# by nanakama3 | 2014-02-06 10:32 | 今日の遊び
2014年のカレンダー
今年のカレンダーです。
お願いするのが遅れてしまったのですが、ちゃんと2日にはそろいました。
ありがとうございます。

例年通り、itou・megumi さんのステキなカレンダーと、
こちらも恒例、ケセラセラ「おとめ暦」
そして今年は、ミグノンのカレンダーも、ギリギリげっと。
ついでに、妖精ギンチャバッグも!笑

今年はこのカレンダーと一緒に、一年を過ごします。

c0085514_1574220.jpg



手帳も2014年に移動したし、あれこれ予定も書き込みました。
やりたいこと、やらなければならないこと、あれこれあって、
確かこれは去年も書いたよなぁ・・・という予定もあるけどさ。
まだ今年も始まったばかりだからね、ふてくされずにがんばるよ。


そうそう、暮れに鳥取の邯鄲堂さんで、メノウの帯留をいただきました。

今年こそは、着物も着るぞ。
いいものは一枚もないけれど、ほんとこのままではタンスの肥やし。
少しは陽の目を見せないと。

まずは、着付けの練習からだよね。
家の中で、ひっそりウールを着てみよう。
憧れは、下町のおばあさんの着こなしなんだけどねぇ、
粋な感じになるまでには、時間がかかるよなぁ・・・。

c0085514_1593657.jpg





そしてね、今年の初夢、な、な、何と、
二日続けて同じ夢をみちゃったのですよね。

で、気になるので、夢占いを検索してチェック。
悪い夢ではなさそうだったから、よかったよ。
飲み過ぎたかなぁ?なんて考えてるうちに、
あっという間にお正月も終わったのでした。

相変わらず、仕事は終わらなかったけれど、
おいしいものもいただけたし、いいお正月でございました。

よしっ。
[PR]
# by nanakama3 | 2014-01-05 02:23 | 今日の遊び
いろいろ、おめでとうございます!
あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します。

新年ではございますが、朝から仕事なんてしたりしてました。

年賀状を書かなくなって、10年近くになりますが、
こんなわたしに、相変わらず送ってくださる方もいらして、
本当に恐縮しております。
これからお返事書かさせていただきます。
毎年のことですが、すいません。

で、その中に一枚、マジ、「じぇじぇじぇっ!」
と言ってしまったハガキが一枚!
初驚きです!

しかも、「詳しくは店頭で」に、初爆笑!

とにかく、おめでとうございます!
何かとっても新年らしい気持ちになり、うれしくなりました。
ありがとうございます。

おそらく西日本で、同じ驚きを共有されている方が、
たくさんいるような・・・。
(驚いたの俺だけか?)


新年早々、大変おめでたいので、まずはお屠蘇から。

c0085514_16453344.jpg


あっ、来た来た。
あなたの分は、ちゃんと別にありますよ。

c0085514_1645428.jpg



そして、再び仕事に戻ったら、廊下から、
「お母さ~ん!来て、来て!遊んで~!」という声。

覗いたら・・・。





c0085514_16462132.jpg






「・・・・・・・・・・・。」





こんなわたくし達ですが、どうか今年もよろしくお願い致します。
ペコリ。

c0085514_17255176.jpg




c0085514_17251487.jpg


テヘペロ。(← すでに古っ!)
[PR]
# by nanakama3 | 2014-01-01 17:31 | 今日の遊び
動線が大事
年内に掃除が終わらないかも?と心配してましたが、
だいたい終了いたしました。
ほっ。


実は数ヶ月前、ベッドの位置を変えまして、
それはそれでよかったのですが、
今度は鏡の位置が、どうしてもおかしな具合になってしまい、
何となく変な気分で過ごしてきました。

物の位置は、他の家具との関係も大事だし、機能性も大事。
でも何より、動線が大事なのですねぇ。

というわけで、ものすごく重いベッドを、エッサエッサと再び動かしました。
もう腰が痛い・・・。
でもこれでスッキリいたしました!
よい年が迎えられそうです。
あと30分ほどですけど。笑




そして、こちらがお正月のお節。
ここ数年、お料理を習っている銀次郎さんのお節をいただいているのですが、
今年も大変豪華です。
下の段がその一部。

そして何と、何と、純ちゃんまでお重を持ってきてくれました!
上の段がそうです。
わ~い、わ~い!ありがとう!

c0085514_23374429.jpg



すでにちょっとつまんじゃいましたが、
一年の最初から、豪華にスタートできます!
ありがとうございます。



今年もたくさん食べて、よく働きました。
皆様にも大変、お世話になりました。
来年もがんばりますので、よろしくお願い致します。
では皆様、よいお年を~!
[PR]
# by nanakama3 | 2013-12-31 23:44 | 今日の遊び
クリスマスの思い出
「クルール雑貨店」さんで行われていた、「冬の森」
実は今日で終わってしまうのですが、とてもシックで素敵でした。
展示が終了しても、いくつかはまだ見られるようなので、
ぜひお出かけくださいね。
(クルールさん、今頃ごめんなさい・・・)

c0085514_040288.jpg





毎年、クリスマスから新年にかけてのこの時期は、とても苦手で、
寒いのに、やらないといけない事はたくさんあるし、
一人だと、妙に切ない感出まくりで腹が立つし、
もちろんプレゼントを贈ったりいただいたりは、うれしいのだけど、
いろんな気持ちが、年末の慌ただしさに複雑に入り混じり、
素直に楽しめない感じがあるのです。

でも今年は、ちょっと違いました。

今年もまた吉田サンタになれず、一人で黙々と仕事をしていたし、
アレもコレも終わらず、皆様にはご迷惑をおかけしてバタバタしているけれど、
まったく淋しい感じがしないどころか、新鮮な気持ちさえするのです。

一つは、「家族」というものを、もうなくしてしまったからなんでしょうね。
わたしにとっては、やっかいで煩わしく、手ごわかった「家族」という形が、
スルリと消えてしまった。

両親が亡くなった直後は、その反動か、あまりの不安定さに狼狽し、
みなし子のように、オロオロし続けたけれど、
2年も経つと、不思議といろんな感情が受け入れられるようになって、
自分のダメさ加減にも、諦めがつき、
久しぶりに、柔らかな自由を感じたのでした。

おそらくその奥には、この世で生きている時間に制限があることを、
はっきり自覚出来る年齢になった、ということも大きいんだろうなぁ。


生きている今を、少しはマシに生きられるように。
そんなことを思う、今年のクリスマスでした。





そしてクリスマスに必ず思い出す、一番うれしくて、哀しい思い出は、幼稚園の時。
寒い朝、枕元には、オバQの赤いエンピツ削りがあって、
本当にうれしくて、はしゃぎまくりました。


でもその夜、両親はどうもケンカをしたようで、
微妙な空気の流れるクリスマスの夕飯中、
今度は、その空気を跳ね飛ばそうと、ムリにはしゃぎまくってケガをしたのに、
誰からも叱られなかったのは、切ない思い出です。

母は20代後半、父は30代前半。
思えば二人とも、笑ってしまうほど、ただの若造だったんだなぁ。



あの後、それこそ何十回もクリスマスを過ごしてきたけれど、
あのクリスマスよりもワクワクして、そしていつまでも哀しい気持ちにさせる夜は、
一度も訪れませんでした。
たぶん、もう一生ないのでしょう。

あの特別な夜は今、いろんな涙でまぶされて、小さな塩の塊になり、
宝物の一つとして、わたしの大切な金庫の中に、
マーシャのヒゲと一緒に、しまわれることになりました。



そして、今年のクリスマスに我が家にやってきた子たち。
左上の古いガラスの飾りだけ、来年まで金庫の中へ。

c0085514_0412684.jpg

[PR]
# by nanakama3 | 2013-12-26 14:49 | 今日の遊び