ライターをしています。猫、映画、料理、アートなど好きなものの徒然日記です。
by nanakama3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ななかまどの遊び
blog・link
お気に入りブログ
C.L. a la mode
ヒロミイユのひつじ~こい...
santana cotoya
+++gumi-log+...
星カタツムリ日記
que sera ser...
かるもブログ
池本喜巳写真教室
NeLD coffee
カテゴリ
全体
今日の遊び
マーシャ
今日の事件!
旅のあれこれ
おいしいもの
今日のダイエット
秘密の花園
今日の出来事
お部屋改造
未分類
以前の記事
2015年 09月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
最新のトラックバック
NISSAN あ、安部礼..
from 昭和の音楽を愛ス!
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
仕事
ほんっとに今頃あれですけど、GW前に福岡に行ったんです。
c0085514_12274345.jpg

で、福岡を離れる最後の夜に、高校の同級生に会いました。
「炊きギョーザ」なるものをいただきながら、あれやこれや話していたら、
ひょいと彼が、「勤続30年」だと言ったのです。
ディズニーランドと同じだと。

へっ?30年?
わたしはそんなに長く働いているのですか?
ってゆーか、アルバイトを含めたら、それ以上なのですね!(絶句)
こうなってくると、人生とは仕事だったのか?
などと思ってしまいますねぇ・・・。


彼は大学卒業後、同じ会社で30年。
辞めようと思ったことはないかと問うと、それは一度もないんですって。

好きな仕事を、好きな会社で30年!
それって、何て幸せなことかしら。
まるで理想の結婚のようじゃないですか!

相思相愛だから続くってわけじゃなくて、
目に見えない、地道な努力あってのマリアージュ!
そういう努力を持続出来るお互いであること、
それこそが幸福の条件なのでしょうね、きっと。


わたしも「会社」というところでは、いくつも働いたことがあるんです。
でもあちらの事情とか、こちらの不満、我儘、才能の無さで、
短い恋愛を繰り返し、ついにフリーとなりました。

フリーになったら、もう辞めないのかと言うと、
実は、ちょうど30歳ぐらいの時に、一度だけやめようと思いつめた時がありました。



三流にもなれないライターのくせに、生意気にも大スランプに陥ってしまったのです。
週一、月一で締め切りが来るのに、原稿が書けず、
朝9時頃、うなだれつつ、やっとファックスで原稿を送るという日々を、
一年ぐらい続けていたでしょうか。

もう何を書いても、自分の原稿が、まったくよく思えない!
どこまで書いたらいいのかも分からないし、終わりどころも掴めない。
編集者の意図も読めなければ、書く対象と読者をつなぐポイントも分からない!
書けば書くほど、ドツボにはまっていくようで、毎回、毎回、
吐きそうになりながら、泣く泣く原稿を送っていました。

今、思い出しても胃が痛くなります。

あの時、やめようと決断すれば、すぐにやめられたと思うのだけど、
なぜかやめなかった。
たぶん、やめる勇気もなかったんでしょう。



そして正解を必死に探しつづける日々の中で、
気がついたら、「諦め」に近い感じで、
何かがストンと落ちている事に気づきました。

文章がうまくなったわけではないし、
手応えを感じたわけでもありません。

ただ、この山を登ると決めたら、とにかく登る。
そして降りると決めたら、また黙って山を降りていく。

言葉にしてしまえば当たり前のことですが、
頭と身体の体験として、仕事をする上での基準が理解できたのでしょう。
その辛い時間は、若くて愚かなわたしに、
自分なりの仕事の軸や姿勢も、もたらしてくれたと思います。




久しぶりに同級生に会って、あの日々を思い出し、
ずっと自分の仕事のことをつらつら考えておりました。

今のわたしの仕事には、あの頃の辛さはなく、
まったく別の問題が山積みで、頭が痛いのですが、
それでも何だか生ぬるい気がします。


自分の人生だって、最終コーナーにさしかかっているわけですから、
ここは一つ、改めて自分の仕事の軸を考えなおさないとな、
などと、珍しくまじめに考えていた5月でした。


そして6月。
新しい仕事も始まるし、さぁ、どうする俺よ!

c0085514_12272582.jpg

[PR]
by nanakama3 | 2013-06-05 12:42 | 今日の遊び
<< シュロライフ、スタート 福岡よかばい! >>